サービスの特徴

4つのサービスがシームレスに連携

Chart

ご利用いただける
アカウントについて

カスタマーコネクトはAPI型公式アカウント、ビジネスコネクトアカウント、カスタマーコネクト専用アカウントにてご利用いただけます。
LINE@ではご利用いただけません。

API型
公式アカウント
ビジネスコネクト
アカウント
カスタマーコネクト
専用アカウント
有効友だち数 無制限 無制限 〜10万人まで
リッチメニュー
APIを利用したメッセージ送信 ※2
ビジネスコネクト利用 ×
モバイル広告ID利用メッセージ ×
ダイレクトスタンプ/ミッションスタンプ ×
タイムライン投稿 ※1 ×
公式アカウント一覧掲載 × ×
管理画面からのメッセージ送信(一斉、ターゲティング) × ×
スポンサードスタンプ × ×
API型
公式アカウント
有効友だち数 無制限
リッチメニュー
APIを利用したメッセージ送信
ビジネスコネクト利用
モバイル広告ID利用メッセージ
ダイレクトスタンプ/ミッションスタンプ
タイムライン投稿
公式アカウント一覧掲載
管理画面からのメッセージ送信(一斉、ターゲティング)
スポンサードスタンプ
ビジネスコネクト
アカウント
有効友だち数 無制限
リッチメニュー
APIを利用したメッセージ送信
ビジネスコネクト利用
モバイル広告ID利用メッセージ
ダイレクトスタンプ/ミッションスタンプ
タイムライン投稿 ※1
公式アカウント一覧掲載 ×
管理画面からのメッセージ送信(一斉、ターゲティング) ×
スポンサードスタンプ ×
カスタマーコネクト
専用アカウント
有効友だち数 〜10万人まで
リッチメニュー
APIを利用したメッセージ送信 ※2
ビジネスコネクト利用 ×
モバイル広告ID利用メッセージ ×
ダイレクトスタンプ/ミッションスタンプ ×
タイムライン投稿 ×
公式アカウント一覧掲載 ×
管理画面からのメッセージ送信(一斉、ターゲティング) ×
スポンサードスタンプ ×
  • ※1:タイムラインへの投稿は月4回まで可能です(提供に際しては訴求内容等を審査します。その結果によってはご提供できない場合があります。)
  • ※2:ユーザ起点ではない、企業からのメッセージを送信する目的でのメッセージ送信はご利用いただけません。またメッセージ送信はCCオプションを通じてのみ送信が可能です。

よくある質問

  • LINE カスタマーコネクトはどのようなサービスですか?

    LINE カスタマーコネクトは、コンタクトセンターがLINEを介して、AIや有人によるチャット対応や音声通話対応などをシームレスに行い、状況やニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを実現するサービスです。ユーザーはLINEアプリを通じて問い合わせができ、コンタクトセンターは連携するサードパーティー製品からLINEアカウントを通してユーザーに返信ができます。LINE カスタマーコネクトと連携するサードパーティー製品はコンタクトセンターで日常的に利用されている製品を中心に、順次接続を拡大しております。
  • LINE カスタマーコネクトは単体で動作するサービスでしょうか?

    LINE カスタマーコネクトのご利用には、企業向けのLINEアカウントと、LINE カスタマーコネクトのシステムと連携するサードパーティー製品が必要です。
    ご利用いただけるサードパーティー製品はパートナーページをご覧ください。
    ご利用いただけるLINEアカウントの種類は、カスタマーコネクト専用アカウント、ビジネスコネクトアカウント、API型公式アカウントです。
  • LINE カスタマーコネクトに必要なLINEアカウントとは何でしょうか?

    LINE上でのユーザーと企業のコミュニケーションには、企業向けLINEアカウントが必要です。企業向けのLINEアカウントにはいくつか種類があり、LINE カスタマーコネクトをご導入いただけるのは、API型公式アカウント、ビジネスコネクトアカウント、カスタマーコネクト専用アカウントの3種類です。
  • LINE カスタマーコネクトの料金を教えてください

    LINE カスタマーコネクトはオープンプライスです。LINE カスタマーコネクトの販売・運用代理パートナーにお問い合わせください。
    ご利用開始から1年間の料金は全てのオプションが固定料金です。2年目以降の料金、BEDORE for LINE、LINE to Call、Call to LINEは前年度の最終3ヶ月のご利用量をもとに料金が変動いたします。またLINE カスタマーコネクトのご利用ではメッセージ送信数に連動した課金はございません。
  • LINE カスタマーコネクトに必要なシステム構成を教えてください

    LINE カスタマーコネクト各機能のご利用に際して最低限必要となるシステムは以下のとおりです。

    ■Auto Reply
    Auto Replyのご利用には、LINE カスタマーコネクトをご利用いただけるLINE アカウントと、LINE カスタマーコネクトと連携済みのAIエンジンが必要です。
    LINE カスタマーコネクトと連携済みのAIエンジンのうちBEDORE for LINEはLINEが再販し、全てのLINE カスタマーコネクトの販売・運用代理パートナーで取り扱いができる製品です。

    ■Manual Reply
    Manual Replyのご利用には、LINE カスタマーコネクトをご利用いただけるLINE アカウントと、LINE カスタマーコネクトと連携済みのManual Replyツールが必要です。

    ■LINE to Call
    LINE to Callのご利用には、LINE カスタマーコネクトをご利用いただけるLINE アカウントと、LINE カスタマーコネクトと連携済みでLINE to Callを受電できる、PBX等の装置やモジュールまたはクラウドサービスが必要です。

    ■Call to LINE
    Call to LINEのご利用には、LINE カスタマーコネクトをご利用いただけるLINE アカウントと、LINE カスタマーコネクトと連携済みでCall to LINEが送信できる、PBX等の装置やモジュールまたはクラウドサービスが必要です。
  • Auto Replyに利用できるAIエンジンはどれでしょうか?

    Auto Replyに利用できるAIエンジンはこちらをご確認ください。
    BEDOREについては、LINE カスタマーコネクトでの使用を想定し、BEDORE for LINEとして、LINEとPKSHA Technologyが協力して開発しLINEが販売する製品です。BEDORE for LINEは全ての販売代理・運用パートナーが取り扱うことができます。
  • Call to LINEはどのような仕組みで動くのでしょうか?

    Call to LINEは入電した携帯電話番号からLINEのアカウントを探す仕組みです。入電した電話番号にメッセージ送信をしてAuto Replyによる自己解決を促したり、ピーク時のあふれ呼をチャットへ誘導するといった課題を解決できます。
  • LINE カスタマーコネクトの制約はありますか?

    LINE カスタマーコネクトでは、ユーザ起点ではない、企業からのメッセージを送信する目的でのAPIを通じたメッセージ送信はご利用いただけません。またメッセージ送信はLINE カスタマーコネクトと連動したサードパーティーのシステムを通じてのみ送信が可能です。
  • 詳しい提案をお願いできますか?

    LINE カスタマーコネクトは、LINE カスタマーコネクトの販売・運用代理パートナーを通じて販売しております。リストはこちらをご確認ください。
    また、おつきあいがあるパートナーが一覧にない場合にはご紹介も可能です。LINEまでお問い合わせください。

一歩先のカスタマー
コミュニケーションを。

LINE カスタマーコネクトの料金プラン詳細は
弊社またはパートナーへお問い合わせください。

LINEへのお問い合わせ